石破茂が次の総理大臣になる可能性は?総裁選にはこれまで何回出馬した?

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、石破茂(いしばしげる)元幹事長についてご紹介しています。

2024年1月に、次の総理大臣にふさわしい人について発表され話題になりましたね。

世間ではいったいどんな声が上がっているのか気になります。

今回は石破茂氏が総理大臣になる可能性や、これまで総裁選に何回出馬されているのか調べてみましたのでよかったら最後までご覧ください。

目次

石破茂は次の総理大臣になる可能性はある?

はじめに、石破茂氏が次の総理大臣になる可能性についてご紹介していきます。

引用元:石破しげる公式HP

2024年1月20・21日に行われたFNNの世論調査では下記の結果になっています。

石破茂 自民元幹事長  20.3%
小泉進次郎 元環境相  15.0%
河野太郎 デジタル相  9.2%
菅義偉 前首相     6.5%
上川陽子 外相     5.1%
高市早苗 経済安保相  4.7%
岸田文雄 首相     2.3%
林芳正 官房長官    2.0%

引用元:FNNプライムオンライン

現首相の岸田文雄総理を抜いて、1位に躍り出ていることがわかりますね。

2024年秋に行われる総裁選へは出馬表明はまだされていませんが、メディアには出馬の意欲を示されていますので、次の総理大臣になる可能性はゼロではないと思われます。

次に、石破茂は総裁選にはこれまで何回出馬したのかご紹介していきます。

【あわせて読みたい】
石破茂氏は妻と大学時代に知り合っていたことをご存知ですか?

石破茂と妻の出会いは大学時代で同級生だった!息子や娘の勤め先はどこ?

という記事で石破茂氏の妻やご家族についてご紹介していますのでよかったらあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

石破茂は総裁選にはこれまで何回出馬した?

石破氏はこれまで4回総裁選に出馬されています。

初めて出馬されたのは2008年でした。

2007年に首相を務めていた福田康夫元総理を支持していましたが、辞任をきっかけに出馬表明されました。

しかしこの時の結果は、25票で立候補者5人中最下位でした。

その後は、2012年、2018年、2020年に総裁選に出馬表明されています。

2020年の総裁選の時には、同性婚や同性パートナーシップ制度の導入に関して「活力ある社会を創るためには、広く多様性を認め合うことが必要」と制度の導入に前向きな姿勢を示されています。

ana

どんな日本に変えて行きたいのかこれからの政策に注目したいですね。

総裁選へ向けてのこれからの動きにも注目していきたいと思います。

【政治の話題といえば】
松野博一前官房長官が政治家になる前は、大手メーカー「LION」に務めサラリーマン経験があったことをご存知ですか?

松野博一は元ライオン社員だった!ライオンを退職した理由は何?

という記事で松野博一氏の経歴についてご紹介していますのでよかったら合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
目次