ほいけんたのブームのきっかけは5時間のカラオケごもりがはじまりだった!

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、お笑い芸人としてご活躍されているほいけんたさんについてご紹介しています。

ものまね芸人として長年活動しているほいけんたさんですが、歌で人気になったのはコロナ禍での自粛期間中のカラオケごもりが始まりだったのはご存知でしたか?

今回は、歌でほいけんたブームに火がつくまでの道のりをご紹介していきます。

目次

ほいけんたのブームのきっかけ

それでは、ほいけんたブームのきっかけをご紹介していきます。

引用元:ENCOUNT

ほいさんにとっての一番の趣味はカラオケだそうで、本業であるモノマネの練習もカラオケボックスでされていて、特にコロナ禍で自粛中だった頃は毎日5時間こもるほど熱中していたそうです。

そんな中、歌の点数をご自身のブログにアップしていたらカラオケ番組からオファーが来るようになったとおっしゃっています。

ana

この5時間のカラオケごもりをしたことで、カラオケ芸人として歩みを進め、ブームのきっかけとなったようですね。

カラオケのお仕事は、2020年1月11日にTBSで放送された「カラオケ100点出した猛者のみ集まる音楽祭 生放送で満点出せるか」という番組が始まりのようです。

その番組で、郷ひろみさんの「言えないよ」を歌い、なんと100点満点を叩き出して、見事賞金100万円を獲得されました。

そこから「カラオケ芸人」としての歩みを進められ、千鳥さんの番組「千鳥の鬼レンチャン」に繋がったのだそうです。

2022年9月25日に放送された鬼レンチャンでは、音程を外さないカラオケチャレンジ10曲を見事達成し、賞金の50万円を受け取られています。

2023年1月8日に放送された際は、T.M.Revolution・西川貴教さんの「HIGH PRESSURE(ハイ・プレッシャー)」を歌われ、「カラダぐぅ」といった独特な歌い回しで一躍時の人となりました。

さらに人気に拍車がかかり、カラダぐぅTシャツやタオルなどのグッズの販売もされました。

2023年7月23日に放送された「FNS27時間テレビ」では、西川さんご本人と共演を果たし、HIGH PRESSUREをお二人で歌われました。

2023年10月15日(日)には、鬼レンチャン「秋のほいけんた3時間SP」と題した放送もされ、TV欄のタイトルに【秋のほいけんた3時間SP】と付くくらいですのでほいさんの人気ぶりが伺えますね!

親友ねこ

ご本人も自身のブログで「秋のほいけんた3時間SPって何?笑」と書かれていましたよ!

続いて、ほいさんの「カラダぐぅ」誕生のワケをご紹介していきます。

【お笑い芸人の話題といえば】
ジェラードンのアタック西本さんが昔、錦戸亮さん似のイケメンだったことをご存知ですか?

ジェラードン西本は昔、錦戸亮似のイケメンだった!角刈りはいつから?

という記事で、アタック西本さんの昔の姿についてご紹介していますのでよかったらあわせてご覧ください。

スポンサーリンク

ほいけんたの「カラダぐぅ」誕生のワケ

次に、ほいけんたさんの代名詞とも言える「カラダぐぅ」が誕生した理由をご紹介していきます。

引用元:週刊女性PRIME

ほいさんといえば明石家さんまさんのモノマネで有名ですが、実は長年さんまさんのモノマネをやりすぎて喉を酷使したため、声帯の高音域を出すところに炎症が出てしまい、裏声が出せなくなってしまったそうなんです。

ana

昔はキレイな裏声が出たとご本人はおっしゃっています。聞いてみたかったですね!

そうした経緯があり、裏声や高い音を出す時に編み出したのが現在の独特な歌唱法なのだそうです。

鬼レンチャン的には音程が合っていれば合格なようで、苦肉の策で喉を絞って歌ったら「カラダぐぅ」が出来上がったのだそうです。

あくまでもご本人は歌詞そのまま歌っているつもりのようで、「ルール上まったく問題ないテクニック」とご本人は主張されています!

カラダぐぅ誕生は、体を張りながらも偶然生み出されたものだったのだとわかりました。

続いて、ほいけんたブームの影響はどう広がったのかについてご紹介していきます。

【お笑い芸人の話題といえば】
お笑い芸人のアインシュタイン・河井ゆずるさんの英語力がTOEIC780点の腕前ということをご存知ですか?

河井ゆずるの学歴!英語力はTOEIC780点の腕前で英語を始めた理由は?

という記事で河井ゆずるさんの英語力についてご紹介していますのでよかったら合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ほいけんたブームの影響はどう広がった?

次に、ほいけんたさんのブームの影響はどう広がったのかご紹介していきます。

引用元:ほいけんたオフィシャルブログ

ほいさんがブームに乗る前に、たびたび千鳥のお二人がほいさんのことを番組でイジって面白く番組を作り上げて行ったことも人気になる一つの要因だったようです。

そしてたびたびイジられていくうちに鬼レンチャンの準レギュラーのようになっていったとフライデーのインタビュー記事でも語っています。

特に印象的だったのが、大吾さんが「ほいけんたのYouTubeもすごいぞ。登録者数今何人おるん?800人?えー!?少なっ!」と番組でおっしゃったその日の夜にほいさんの登録者数が2000人になったそうです。

千鳥さんの影響力、スゴイですね!

ana

芸歴では千鳥さんの方がだいぶ下ですが、ほいさんは後輩からも愛されているのかなと感じました。

親友ねこ

ちなみに、ほいさんの芸歴は41年と長く、同期にはダウンタウンさんやトミーズさんなどがおられます。

そうして数々の名場面が生まれ、FNS27時間テレビにご出演されたり、2023年のバレーボールの宣伝CMにまで起用されたりするなどほいけんたブームが巻き起こっています。

ご本人もせっかくの「ほいバブル」ですから、いろいろなことに挑戦したいと意気込みを語られていました。

また、年末までスケジュールがびっしりということで、これからも鬼レンチャンや歌番組などで歌声を聞けるのが楽しみですし、どんなメディアなどに出られるのか注目したいですね。

【お笑い芸人の話題といえば】
お笑い芸人のヒロシさんがブレークする前にホームレスを経験していたことをご存知ですか?

【ヒロシ】売れない芸人・ホスト時代はホームレスだった過去!当時の苦悩とホストになった理由

という記事でヒロシさんの売れない芸人時代の苦悩などご紹介していますのでよかったら合わせてご覧ください。

目次