佳子さまは手話をいつから始めた?手話を始めたのは紀子様の影響だった?

※本ページはプロモーションが含まれています。

この記事では、佳子さまが手話を始めた理由や始めた時期についてご紹介しています。

佳子さまが手話で話されている姿はたびたびメディアでも取り上げられ、印象に残っている方も多いと思います。

ろう者の方からも佳子さまの手話は評価が高いことをご存知ですか?

ここからは、佳子さまがいつから手話を始めたのかなど詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク
目次

佳子さまが手話をいつから始めた?

それでは初めに、佳子さまがいつから手話を始めたのかについてご紹介していきます。

リサーチしてみますと、佳子さまは20歳の時に手話を始められたことがわかりました。

手話で挨拶をする佳子さま
引用元:読売新聞オンライン

佳子さまが初めて手話を披露されたのは2014年9月に行われた「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」でした。

披露された当時は20歳ですので、手話を始めて1年以内に披露できるまでに上達されていらっしゃることがわかります。

また、翌年2015年のコンテストで佳子さまは「手話は言葉であり、大切なコミュニケーション手段のひとつです」と答えられていますので、この頃から手話に特別な思いを抱かれていたのかもしれませんね。

ana

ちなみに佳子さまは「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」には毎年参加されていらっしゃいますよ♪

【合わせて読みたい】
女優の原菜乃華さんとと有村架純さんが似ていると話題なのをご存知ですか?

【画像比較】原菜乃華と有村架純は似てる?似ている芸能人4選

という記事でご紹介していますのでよかったら合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

佳子さまが手話を始めたのは紀子さまの影響?

続いて、佳子さまがなぜ手話を始められたのか理由をご説明していきます。

佳子さまがなぜ手話を始めたのか、はっきりとした理由はわかりませんでしたが、母親の紀子さまの影響があったことが考えられます。

手話で挨拶をする紀子さま
引用元:TBS NEWS DIG

母の紀子さまは皇室に入られてから、演出家で「ろう者」の井崎哲也さんに手話を教わっていたことがわかりました。

ana

井崎さんは月に1・2回のペースで約10年ほど紀子さまに手話のご指導をされていたとのことです。

このことから、佳子さまは紀子さまの手話を見て育ち、ご自身も手話を始めたのではないかと予測されます。

佳子さまは、令和3年から全日本ろうあ連盟に非常勤嘱託職員として勤務されていて、日常的に手話を使われているそうです。

2023年11月にはペルー公式訪問の際に、現地のペルー手話を披露されたことも話題になりました。

【合わせて読みたい】
女優の今田美桜さんに双子の妹がいるとウワサされていることをご存知ですか?

今田美桜の家族構成!双子の妹がいるってホント?母親はカレーパン屋経営者!

という記事でご紹介していますのでよかったら合わせてご覧ください。

スポンサーリンク
目次